海辺の2人

ジスロマックによる治療

錠剤

ジスロマックとは、多くのウィルスや細菌に対して有効とされる抗生物質の一つとされ、国内では従来まで主流とされていたクラビットを改良して誕生した画期的な医薬品とされ、感染した事で起こる腫れや肌に見られる発赤、化膿、時に発熱等を改善する作用を持っており、成分アジスロマイシン水和物を投薬する事で上記の様な症状を療治させる事が出来ます。
ジスロマックは白色の楕円形をしており、剤形を錠剤としているので経口による内服により効果を発揮するものになり、他にもドライシロップやカプセル等も有り又、成人以外にも小児用もあるので年齢を問わず治療に用いれる医薬品となり、特徴として本剤はマクロライド系の薬になりますが他にもペニシリンやセフェム系といった系統が有りますが、これらにアレルギーを持つ場合でも内服出来る事が特徴とされ、従来まで効き目が安定しない非定型菌を原因とするクラミジアにも有効性を発揮するとされます。
その為、国内罹患者数が最も多いとされる性病クラミジア症に対しての処方機会を多く持ち、少ない内服により療治出来るので負担を少なくする事ができ、その持続性も一週間から二週間程とされ、その間で完治させる事が出来るとされています。
・どの様な薬理を持ち、得られる効果は?(一般的に適応を持つ薬は?)
ジスロマックの作用から蛋白合成阻害剤に分類する事が出来る事から、細胞内に取り込まれる事で蛋白合成機能を妨げる事により細菌の発育を阻止する事が出来るとされ、抗菌作用に加え抗炎症の作用もあるので感染部位に起こる炎症等も抑える事が出来ます。
成分濃度を高いままを維持する事が出来るので高濃度作用を期待出来るので上述した様な少ない回数での内服で良いとされており、クラミジアであれば一日一回一錠を三日続けるだけで良いとされているので、多くの時間を要した感染症でしたが短期間で治療する事が出来る様になります。
性病等は人の生活で欠かす事の出来ない性交を感染経路としているだけに再発あるいは再感染する可能性は十分に考えられるので、本剤にはジェネリックも登場しているので個人での輸入等によりジェネリックを常備して置く事で感染初期の段階で治療する事も出来るので低価格で購入出来るジェネリックも有効な治療薬となります。